一戸建て住宅について

一戸建て住宅について

木造軸組在来工法

木造軸組工法(在来工法)とは、日本に古くからある伝統工法を発展させた工法です。その作り方はコンクリート基礎を土台にして柱を立て、柱と梁を組み合わせていくというもので、壁を外したり移動することができます。例えば、ふすまで仕切れば部屋を細かくすることができ、開ければ大きな部屋になるでしょう。こうした統計の段階からイメージ通りに自由な間取りにできるのが木造軸組在来工法の優れているところです。

この「自由」という点においては、窓や出入り口などの開口部を大きく取ることにより採光や通風を確保しやすいところや、将来的な増築・減築を行いやすいというところにもあり、大きな魅力と言えるでしょう。従来、木造軸組在来工法は地震の時に揺れやすいと言われていましたが、現在では柱の引抜力を計算し、それに見合う金物を設置するなど、耐震性も高くなっています。

デメリットとしては大工の経験や技術によって建物の品質が左右されやすいという点です。また、システム化・マニュアル化された2×4工法は工期が短いのに対して、木造軸組工法は柱や梁を組み上げていくのに時間がかかるため工期が長いこともデメリットと言えます。新築の場合、家の大きさや立地などによって左右されますが、完成まで4ヵ月から半年の工期がかかるでしょう。