一戸建て住宅について

一戸建て住宅について

鉄骨軸組工法

鉄骨軸組工法とは、木造軸組工法と同じ工法でありながら素材を木材ではなく鉄骨を使用することで強度を高めた工法で、鉄骨ブレース構造とも呼ばれます。鉄骨軸組工法の利点は、木造軸組工法に比べて細い柱や梁で建物を組み立てることが可能なので、室内の圧迫感が少ないことです。これは鉄が木より強度があることに由来しており、軽量鉄骨を使用することで地盤や基礎に与える影響が少なくなることもメリットと言えるでしょう。

品質に差がないことも魅力の1つです。鉄骨軸組工法は同じサイズで同じ強度のものを生産できるため、パーツをボルトでしっかり組み合わせることさえすれば、計画通りの家を建てることができます。そのため、大工の腕によって左右される心配が少ないのです。

また、シロアリの被害が少ないという特徴もあります。木材は雨などの水分で腐敗する恐れもありますが、鉄材は安定した高品質を保つことができるのでアフターケアにかかる費用が抑えられるでしょう。

そんな鉄骨軸組工法のデメリットは、熱伝導率が高いため外気の熱を室内に伝えやすく、中の熱は逃げやすいことです。したがって断熱材など入れる必要があり、コストがかかります。また、リフォームが困難なところも問題点として挙げられるでしょう。