一戸建て住宅について

一戸建て住宅について

屋根の種類と違い

屋根は建物の一番上にあるもので、日差しや雨風から住宅を守ってくれます。長らく日本の屋根といえば、「粘土瓦」が主流でしたが、近年ではさまざまな種類が登場し、「ストレート瓦」や「金属瓦」の家が増えてきました。それぞれメリット・デメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

まず、粘土瓦は粘土を高温で焼き上げたもので、メリットは耐久性が高く長持ちすることです。陶器の表面にも使用する釉薬が塗られた「釉薬瓦」や、何も塗っていない「素焼き瓦」、焼き上げる時に薫化を施した「いぶし瓦」などがあります。粘土瓦のデメリットは重みがあり地震などで落下する可能性があることです。

ストレート瓦は粘板岩を薄く加工したもので、「天然ストレート」と、セメント・人工繊維・天然繊維を混ぜ合わせた「化粧ストレート」があります。天然ストレートは高価なものもありますが、化粧スレートは粘土瓦に比べて軽く、施工量も含めて低コストなのがメリットです。デメリットは割れやすいことが挙げられます。

金属瓦は軽量で建物の負担が小さく、施工性が良いところにメリットがあります。金属系の代表的な屋根材の1つに「ガルバリウム鋼板」というのがありますが、こちらは防サビに優れているだけでなく耐熱性や耐久性も高い素材です。デメリットは屋根が薄く雨の音や熱の影響が家に出やすいことが考えられます。